本文へ移動

U・Iターンインタビュー

令和元年5月採用 介護職員(Iターン)
いつか島根に住んでみたい・・・
◆Iターンのきっかけ
十年ほど前に島根へ旅行で初めて訪れた際に自然豊かでのどかな風景とのんびりした雰囲気に「いつか島根に住んでみたい」と思ったことが始まりです。その時は漠然と思っただけで終わり、生まれ育った愛知県の介護施設で働いていましたが、仕事が忙しく慌ただしい生活にふと環境を変えたいと思うようになりました。県内で転職するという選択肢もありましたが、せっかくなら住んでみたいと思った島根に行こうと昨年から情報を集め、今年の四月に引っ越してきました。思い立ってからほとんど悩んだり迷ったりせず、些か衝動的な行動でしたが、来て良かったと思っています。
 
◆移り住んで感じたこと、気づいたこと
まだ島根に引っ越してきて三ヶ月ほどですが、環境がとても良いと感じています。食べ物はどれも美味しいですし、自然が多く空気がきれいで夜は静かで星がよく見えます。また、知り合いもおらず何も分からない状況で引っ越してきましたが、島根に来てお会いした方々が皆さんとても親切で、とてもよくしていただいています。ただ、方言や言い回しの違いでなかなかうまく聞き取れないことが多くあるので、早く出雲弁を習得していきたいです。まだ冬を経験していないので、不慣れな雪道の運転に不安はありますが、永く暮らしていけたらと思っています。
 
◆介護の魅力ってなに?
私が思う介護の魅力は、人と人とのつながりの中で、小さな変化を共に喜べることです。いつもより食事がとれたこと、普段無口な利用者様が挨拶を返してくれたこと、何も特別なことがなくても一日穏やかに過ごしていただけたことなど、普通なら見過ごしてしまいそうな小さな変化でも、それがケアの結果であればとても嬉しく思います。そういった変化を利用者様本人やご家族、職員同士で一緒に喜べる関係を築くことで、さらにケアを充実させることができ、意欲につながっていくのではないかと思います。
 
◆介護の道を目指している人に伝えたいこと
 介護技術や専門的な知識も大切ですが、それ以外にも自分が今まで得てきたいろいろな経験が生かせる仕事だと思います。例えば料理が好き、場を盛り上げるのが得意など自分の趣味や得意分野を活用したり、逆に不得手なことを利用者様に教えていただいたりと、利用者様に様々な方がいるように介護職員も様々な人がいることで支援の幅が広げられると思います。私は特に秀でたものもなく、利用者様から教えていただくことも多いですが、敬意を忘れず常に穏やかに誠意をもって接するよう心掛けています。何が良いか、どのようなケアが必要かは利用者様によって違いますが、人として敬意を払い利用者本位の支援ができることが介護に携わる上で重要なことだと思います。
社会福祉法人かも福祉会
〒699-1106
島根県雲南市加茂町加茂中915
TEL.0854-49-9545
FAX.0854-49-6926

介護・福祉サービス
介護保険事業
0
2
4
7
4
5
TOPへ戻る